炭酸パックに副作用はある?

炭酸パックに副作用はある?

炭酸と聞くと想像するのが、炭酸飲料に含まれている泡で、飲んだときには喉に刺激があるので、その炭酸を顔に当てるので、痛いのでは?刺激は大丈夫?と思う方も多いことでしょう。

 

しかし、炭酸パックにおける副作用が起きる危険性は、かなり低いと思っていただいていいでしょう。

 

炭酸パックを使ったあとに肌が赤っぽくなる方もいますが、すぐに元通りになるので心配する必要はありません。

 

入浴後に顔が赤っぽくなる現象と同じような現象が起きると考えていただければ良いでしょう。

 

ほかにも、パックを顔につけた時には肌がシュワシュワしたり、ピリッとした刺激を感じることがありますが、これも心配する必要はありません。

 

むしろ、数回使っていると、それが気持ちよく感じてくることでしょう。

 

それでもその感覚が慣れないといった方や、刺激がないものが良いという場合、添加物が入っていないような刺激が少ないタイプの炭酸パックを選ぶと良いでしょう。

 

また、炭酸が含まれている温泉に浸かった際に、自分には向いてないと感じた方の場合、炭酸パックも向いていない可能性があります。

 

炭酸温泉というのは、炭酸パックと同じで、肌の血液に流れを促進させる効果があり、その刺激が自分には向いていないと思うのでしょう。

 

副作用はないといいましたが、肌が過度に敏感だったり、肌が過度に弱かったりする方の場合、かゆみなどの皮膚トラブルが起こることがあるので、気を付けなければいけません。

 

そのため、商品の成分を良く確認したり、成分の効能を調べたりしてから炭酸パックを行うようにすると良いでしょう。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事