炭酸パックの使い方

炭酸パックの使い方

ここでは、炭酸パックの効果を最大限発揮するために、正しい使い方を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

まずは、炭酸パックを使う前に顔をきれいな状態にしておきましょう。

 

化粧をしていたら、洗顔料などを使って化粧を落としておきましょう。

 

化粧を落としたら、普段行っている化粧水は使わなくてよく、洗顔をした後の状態で炭酸パックを使います。

 

半身浴と同時に炭酸パックを使う場合には、炭酸というのは15度程度で発泡してしまうため、顔を冷たいタオルやおしぼりなどを使って冷やしてから使うようにしてください。

 

この顔を冷やす作業を怠ってしまうと、炭酸パックの効果が出にくくなるため、顔はきちんと冷やしておきましょう。

 

また、半身浴で行う場合には、髪を結んでおくと後が楽です。

 

顔を冷やすことができたら炭酸パックを使う用意をします。

 

ジェルと顆粒を混ぜますが、このときの注意点は、あまり混ぜないようにすることです。

 

混ぜる回数を多くしてしまうと、パックを肌につけたときに、効果が半減してしまうことにつながります。

 

目安としては、顆粒がすべて溶ける少し前で、そのくらいになったら混ぜるのを止めておきましょう。

 

混ぜ合わせたら、すぐに顔につけていき、このときにはつけるスピードが重要で、できるだけ早く、でもムラがないようにつけていきます。

 

厚さにして1〜2ミリ程度の量を顔全体につけていきますが、目の周りなどの皮膚が弱い部分につけても問題ありません。

 

顔全体につけ終わったら、15〜30分ほどそのままにして、時間がきたら洗います。

 

時間を長くすれば効果があると考えて30分以上行ってしまう方もいますが、30分以上は逆効果になることもあるため、30分以上はそのままにしないようにしましょう。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事