顔がたるむ原因とは

顔がたるむ原因とは

顔がたるんでしまうと、実年齢よりも上に見られてしまうため、多くの女性は、たるみができないようにしたり、たるみができている場合はなくしたいことでしょう。

 

では、なぜ年齢を重ねると顔がたるんでしまうのかをご存じでしょうか?

 

顔がたるむ原因は、以下の3つが挙げられます。

 

・筋肉が弱くなる
・老廃物が蓄積している
・肌が乾燥している

 

この3つが挙げられ、1つずつ詳しく見ていきます。

 

・筋肉が弱くなる

 

顔の周りの筋肉が弱くなってくると、顔のたるみにつながります。
特に、頬や目の下の筋肉が弱まり、この部分がたるみやすくなります。
また、顔の筋肉が弱くなってくると、自分では普通にしているのに、暗い表情をしていると思われたり、笑っていてもウソ笑いに見えてしまったりするかもしれません。
これを防ぐには、顔の筋肉をできるだけ動かして、明るい表情を作るようにすると良いでしょう。

 

・老廃物が蓄積している

 

日頃から顔のケアを怠っていると、顔に蓄積した老廃物が体外に排出されません。
このような状態が続くと、特に目の下がたるんでしまいます。
老廃物は、年を取ったり、ストレスを受けたりすることで溜まっていくため、顔の血流を良くするようにしましょう。

 

・肌が乾燥している

 

肌が乾燥していると、皮膚のハリが失われたり、弾力性が低下したりしてしまいます。
入浴後は化粧水などを使って肌を保湿して、乾燥を防ぎましょう。

 

以上のことを実践することで、顔のたるみを防ぐことができ、実年齢よりも上に見られることはなくなっていくことでしょう。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事