顔のたるみをなくす方法

顔のたるみをなくす方法

顔がたるんでいたり、そのたるみがもっとひどくなったりすることは嫌でしょう。

 

顔がたるむと、シワの原因になり、老けて見られるため、なんとかしたいことでしょう。

 

そんな顔のたるみをなくすために有効なのが、表情筋という筋肉を動かすという方法です。

 

ここでは、表情筋を鍛える運動を紹介しますので、ぜひ実践してみましょう。

 

まず、口を大きく開けることを毎日のように実践することで表情筋が鍛えられます。

 

そのときには、「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と口を大きく開けて、1文字ずつ言ってみましょう。

 

自宅で行うときには、声を出すと恥ずかしいと思うので、声に出さなくてもいいですが、口を大きく開けることがポイントです。

 

また、1文字につき1回、首を上下させることも同時に行うと、より効果がアップします。

 

この動作を、1セットとして、毎日5回行ってみましょう。

 

これを実践して、顎の周りの筋肉が筋肉痛になると、表情筋が鍛えられている証拠です。

 

ほかにも、鏡の前に立って、にっこり笑ってみましょう。

 

そのときには、口の両端を上に上げるような感覚で行いましょう。

 

表情筋を鍛える運動は以上になりますが、リンパマッサージをすることも顔のたるみには効果的です。

 

リンパマッサージをすることで、溜まった老廃物を外に出してしまいましょう。

 

また、乾燥していると、たるみの原因になるため、肌を保湿してあげることも大切です。

 

ほかにも、炭酸ガスを使ったパックで顔のたるみをなくすという方法もあります。

 

炭酸パックの場合、筋肉を鍛えたり、保湿をしてくれたり、血液の流れを良くしてくれたりするのでおすすめです。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事