妊娠線の洗い方の注意

妊娠線の洗い方の注意

妊娠線のケアのために重要なことは、妊娠線の汚れをちゃんと落とすことです。洗う際に、妊娠線を傷つけてしまうと、それによって乾燥を招き、ダメージを深刻化させてしまう恐れがあります。妊娠線をいたわりつつ、出来るだけ丁寧にすすぐことが大切になります。

 

洗いすぎは皮膚に余計な刺激を加えることになり、状態を悪化させることに繋がります。一日に一回、二回で十分です。また、体を拭く際にもゴシゴシふいてしまうのもよくありません。やわらかいタオルをやさしく押し当てるようにして水分を拭き取りましょう。

 

そして、洗った後はしっかり保湿をすることが肝心です。洗ったまま放っておくと、皮脂が少なくなっているためにすぐに乾燥するようになります。保湿をし、乾燥を防ぐために妊娠線クリームなどでちゃんとケアしましょう。

 

また、保湿成分をしっかり配合した美容液などでスキンケアを行うことも有効です。コラーゲンやセラミドといった保湿成分を含むもの、ビタミンCやビタミンEを含むものがオススメです。

 

血行を良く保つことも、肌のターンオーバーを助けてくれるので、妊娠線を生じにくい肌を作る上で有効ですし、できてしまった妊娠線を改善するためにも有効です。

 

妊娠線を悪化させないためには多くのことに注意をする必要がありますが、これを行ったからと言ってすぐに治るというものでもないので、気長に構える必要があります。妊娠線を機会に、全身のスキンケアのレベルを高めることができれば、長期的に考えると良い機会になるのかもしれませんね。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事