ニキビ痕の治し方

ニキビ痕の治し方

大人になってから発生する大人ニキビは、ニキビが治っても痕が消えないところが嫌な点です。

 

痕が消えないと、顔中がニキビ痕になり、たくさんの方が悩んでいることでしょう。

 

一言でニキビ痕と言っても、いろいろな種類があり、クレーターみたいになる、シミになってしまう、顔が赤色っぽくなってしまうなどが挙げられます。

 

ニキビ痕というのは、ニキビを潰さなけれ残らないと考える方もいるかもしれませんが、潰さなくてもそのままにしていると、ニキビ痕はできてしまいます。

 

ニキビ痕は、傷跡と同じと考えて良く、大人になるにつれて傷を負ったときに治りが遅いなと感じるかと思いますが、その理由は、年を重ねるにつれて新陳代謝の機能が衰えて、肌の再生が遅くなってしまうためです。

 

ニキビ痕ができると、確かに治りは遅くなりますが、完全に消えないわけではないので安心してください。

 

間違った対処法をしなければ、治すことができます。

 

ニキビ痕がなくなるまでには時間が必要なので、気持ちにゆとりを持って治すようにしていきましょう。

 

ニキビ痕は、肌の新陳代謝を活性化して、肌の細胞の生まれ変わりを正しくすることで、少しずつ治すことができます。

 

肌の新陳代謝を活性化するためには、炭酸パックが効果的です。

 

その炭酸パックのなかでも、色素沈着に有効な成分であるビタミンCなどが入っている炭酸パックを使うと良いでしょう。

 

ほかにも、肌に水分がなくてもニキビ痕を治すのにさらに時間がかかってしまうので、水分を与えてあげることも大切になってきます。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事