毛穴が黒ずんでしまう原因

毛穴が黒ずんでしまう原因

肌の色が暗くなって、くすみがあるような感じがするという場合、毛穴が黒ずんでいることによって引き起こされていると思っていいでしょう。

 

では、毛穴が黒ずんでしまう原因ですが、皮脂が過剰に出てしまって、ベタついてしまうことが原因です。

 

肌がベタついてしまうと、肌に汚れが溜まりやすくなり、その汚れが毛穴をふさぎ、皮脂と汚れが合わさってしまい、簡単には取れなくなってしまうということになります。

 

このことを角栓といい、毛穴パックをして毛穴パックを終えたときに白いブツブツがパックに付着しますが、その白いブツブツが角栓で、角栓が肌に残っているとニキビの原因になります。

 

また、角栓というのは、空気と接触すると酸化反応が起き、それが黒ずみの原因になってしまいます。

 

ちなみに、この状態を、黒ニキビということもあるようです。

 

ほかにも、紫外線を浴びることで日焼けをしますが、その際にはメラニンが生成され、そのメラニンによって黒ずみがよりくっきりとしてしまいます。

 

そのため、毎日の生活で肌が汚れたらすぐに取るようにして、皮脂が出る量を増やさないような生活をすることが大切です。

 

また、毛穴が開いていても黒ずみのように見えてしまうことになるため、毛穴を閉じることも大切で、入浴後などには、化粧水を使ったり、水を用いたりして、開いている毛穴を閉じさせるようにケアをすることが必要になってくるでしょう。

 

ほかにも、毛穴パックを肌から取ったときというのは毛も同時に皮膚から取ってしまうことになります。

 

毛が抜けた後の毛穴には汚れがつきやすくなるため、毛穴パックをした後にも、きちんと肌のケアをするように心がけることも大切になってきます。

炭酸パックガイド
症状別で選ぶ
顔のたるみケア
毛穴ケア
ニキビケア
炭酸パック一覧
その他
最新記事